見えない不安や孤独。明日が今日よりも良くなる社会へ

crop ethnic woman with mobile phone customer お客様
Photo by Tim Samuel on Pexels.com

辛い、苦しい、そんな日々が毎日続きます。

今は時代の変化が早く、120年に一度の

パンデミックが終わっても日々苦しい気持ちが

あります。その中で新しい

チャレンジをする人を

応援したい! しかし応援するだけではダメだ。

そういうわけで今回は見えない孤独について

正しく理解するためのブログを作成しました!

それではどうぞ!!!

暗闇の中の一筋の光

人々の多くが経験する見えない不安や孤独は、しばしば内なる世界に影を投げかけ、私たちの行動や選択に影響を与えます。

この心の闇が深く、広がると、未来の光さえも遮られてしまうことがあります。

例えば、経済的な不安や職場での

人間関係など、様々なストレスが心の中に

影を落とす場合、それが感情や行動に

負のスパイラルとなって表れてきます。

しかし、その闇の中でさえ、

希望の光を見出すことは可能です。

それは時間であったり、友人であったりなど

一緒にその光を探し、新しい道を見つける

旅でもあります。

人は光を見失っても、自分の中の明かりを

信じて進むのです。

内面を安定的に

内面の安定がいかに外部世界との関わりに

影響を与えるか、この視点は経営においても

極めて重要です。

例えば、従業員がインナーワールドとの

調和を保ち、その結果として創造性や協力性が高まる場合、それは組織全体の生産性向上にも寄与します。

しかし、それが単なる業績向上のための手段となってはならない。

そうなれば企業は信頼を失います。

「誰のためでもない身勝手だからです」

心の平和は、それ自体が価値あるものであり、全ての人が追い求めるべき真の豊かさを

意味します。

今、精神を病む人は多く、日本は世界有数の

精神病患者や病棟が多い国です。

誰も彼も精神病とは無縁では生きられない社会

とも言えます。だからこそ本来は自分を尊重し

その後に相手を尊重できれば、犯罪さえ

防ぐこともできるはずです。

自分の心が平和であれば、

外界の混乱に流されることはないのです。

社会の連鎖反応

私たち一人ひとりの心の状態は、予想以上に

社会全体に影響を与えています。

例えば、友人や家族、同僚との関わりの中で

ポジティブな感情が共有されたとき、

そのエネルギーはどれほど強力かを

私たちは感じます。

「今日、可愛いね」

「先輩に仕事で褒められた」とかです。

しかし、ネガティブな感情も同じくらいの力で、社会全体のエネルギー

影響を及ぼす可能性があります。

woman wearing a hat
Photo by Tuấn Kiệt Jr. on Pexels.com

「うちの部下が使えない」「どうせ俺なんて」私たちがコミュニティとして

ポジティブなエネルギーを育むことは、

社会全体の健康と直結しています。

言葉一つで運命が変わるのです。だから一つの小さなポジティブな変化も、大きな波紋を生むことを忘れないで。

テクノロジーとヒューマンタッチ

テクノロジーの進歩は驚異的であり、

例えば、VRやAIの技術を用いることで、

新しい形のカウンセリングが可能

となっています。

コミュニティだけでないのです。

これらのツールは、アクセスしにくい場所に

居る人々ともつながる架け橋となりえます。

物理的な距離がないのです。

しかし、同時にこれらのツールを適切に

活用するためには、人と人とのつながり

本質を理解し

テクノロジーがヒューマンタッチを

補完する形になるべきです。

テクノロジーを通じても

人間らしいコミュニケーションを

大切にしなければなりません。

決してスマホの画面越しには人がいることを

忘れないでください。

テクノロジーが進むほど、一人ひとりの心の温もりが価値を持つ。

これは温もりのあるデジタルという概念(?)

理解と共感力

人は常に誰かを求めています。

一人では決して生きられないのです。

それは一時的な優しさやサポートではなく、

根本的な理解と共感に基づくもので

なければなりません。

例えば、苦しんでいる人々をサポートする際、その背景や根本的な要因を理解することが

重要です。しかし、それと同時に、

私たち自身もまた理解と共感を必要としています。この循環が、永続的な社会の支えとなり、一人ひとりが感じる不安や孤独を

軽減してくれるでしょう。

前回のブログ①
前回のブログ②

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました